HASTELLOY®およびHAYNES® 合金のホームページ

耐酸化性

静的酸化試験

周囲環境 : 空気流
試 験 時 間 : 1,008 h
試験サイクル数 : 6
サイクル時間 : 168 h
温度 : 1600, 1700, 1800°F (871, 927, 982°C)
メタルロス = (A-B)/2
平均内部酸化深さ = C
最大内部酸化深さ = D
平均酸化層厚さ = メタルロス + 平均内部酸化深さ
最大酸化層厚さ = メタル口ス + 最大内部酸化深さ

282 - metal loss

空気流中での耐酸化性比較(1,008時間)

合金 1600°F (871°C) 1700°F (927°C) 1800°F (982°C)
メタルロス 平均酸化層厚さ メタルロス 平均酸化層厚さ メタルロス 平均酸化層厚さ
mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm
263 0.1 3 0.4 10 0.2 5 0.7 18 0.9 23 5 127
282® 0.2 5 0.6 15 0.1 3 1.1 28 0.2 5 1.8 46
R-41 0.2 5 0.8 20 0.2 5 1.5 38 0.2 5 2.9 74
Waspaloy 0.3 8 1.4 36 0.3 8 3.4 86 0.7 18 5 127

動的酸化試験(バーナーリグ試験)

バーナーリグ試験では、0.375 in x 2.5 in x 特定厚さ (9.5mm x 64mm x 特定厚さ) の複数の試料を回転する保持装置に取付け、燃料油 (No. 1燃料油:2、No. 2燃料油:1の混合油)を約50:1の空燃比で燃焼させてできる燃焼ガス中に曝します。燃焼ガスの流速は、マッハ数が約0.3です。試料は30分毎に自動的に燃焼ガス流から取り出され、ファンで 500°F (260°C) 以下に冷却された後、燃焼ガス流中に戻されます。

Alloy 1600°F (871°C), 1000時間, 30分サイクル 1800°F (982°C), 1000時間, 30分サイクル
メタルロス 平均酸化層厚さ メタルロス 平均酸化層厚さ
mils μm mils μm mils μm mils μm
263 1.4 36 4 102 12.5 318 16.1 409
282® 1.8 46 4.2 107 8 203 13 330
Waspaloy 1.9 48 4.3 109 9.5 241 13.6 345
R-41 1.2 30 4.4 112 5.8 147 12.1 307
Print Page
Top