HASTELLOY®およびHAYNES® 合金のホームページ

金属物性

- 典型的なASTM結晶粒度 平均硬度
厚板 3 - 4½ 89
2 - 3 85
薄板 3½ - 4½ 88

HR-160 annealed microstructure

この合金は、安定したオーステナイト構造を有しており、長期間の時効後にσ(シグマ)または
μ(ミュー)相を示しません。例えば、1200、1400、1600℉(649、760、871℃)で4000時間時効する
と、Cr23C6とG相(Ni16Ti6Si7)が析出します。G相の形態はCr23C6の形態と非常に類似しています。
従って、G相は、長期間時効した時に延性を低下させる炭化物よりも有害ではないと考えられま
す。この合金は、アニールされた状態および冷間加工された状態では非磁性です。
Print Page
Top