HASTELLOY®およびHAYNES® 合金のホームページ

耐酸化性

空気中での酸化

実験室試験は1800~2200℉(982~1204℃)の空気流中で1008時間行い、その間、試験片を168時間
毎に1回、室温まで冷却しました。

合金 1800°F (982°C) 2000°F (1093°C) 2100°F (1149°C) 2200°F (1204°C)
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm
HR-160® 0.7 18 5.5 140 1.7 43 10.3 262 2.5 64 16.0 406 3.6 91 22.0 559
800HT 0.0 0 4.1 104 7.6 193 11.6 295 11.0 279 15.0 381 19.4 493 >58 >1473
253MA 1.3 33 3.0 76 0.7 18 8.2 208 8.7 221 16.5 419 18.6 472 29.2 742
RA85H 0.5 13 8.2 208 2.9 74 25.9 658 3.7 94 >59 >1499 3.9 99 >59 >1499

空気中での長期間酸化

実験室試験は2000℉(1093℃)の静止空気(箱型炉)中で行い、その間、試験片を30日間毎に1回、
室温まで冷却しました。

合金 1800°F (982°C) 2000°F (1093°C) 2100°F (1149°C) 2200°F (1204°C)
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm
HR-160® 2.5 64 16.7 424 3.6 91 29.0 737 7.6 193 58.7 1491 16.7 4204 26.3 668
601 0.5 13 22.4 569 5.4 137 45.1 1146 12.6 320 72.8 1849 27.3 693 38.9 988
RA85H 6.3 160 53.7 1364 17.9 455 80.3 2040 20.0 508 94.8 2408 >251.7 >6393 >251.7 >6393
800HT 20.7 526 79.8 2027 44.3 1125 51.0 1295 65.2 1656 70.3 1786 >249.9 >6373 >249.9 >6373

1800℉(982℃)での試験では、厚板を720日間(17,280時間)、静止空気中に曝しましたが、それ以外の温度条件では、厚板を
360日間(8,640時間)、静止空気中に曝しました。1か月に1回、室温まで冷却するサイクルを繰り返しました。

合金 1800°F (982°C) 2000°F (1093°C) 2100°F (1149°C) 2200°F (1204°C)
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
メタルロス 平均
酸化層厚さ
mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm mils μm
HR-160® 1.2 30 12.0 305 2.7 69 27.9 709 5.3 135 44.6 1133 8.9 226 >250.0 >6350
601 0.0 0 2.6 66 3.4 86 10.5 267 5.3 135 14.6 371 10.3 262 23.9 607
RA85H 0.7 18 14.6 371 8.9 226 14.3 363 6.4 163 >250.0 >6350 8.4 213 >250.0 >6350
800HT 4.6 117 14.1 358 22.2 564 27.9 709 43.9 1115 48.9 1242 65.6 1666 >250.0 >6350

厚板を360日間(8,640時間)、静止空気中に曝しました。1か月に1回、室温まで冷却するサイクルを繰り返しました。

酸化試験の評価に使用した金属組織学的手法

HR-160 酸化試験の評価に使用した金属組織学的手法

Print Page
Top