HASTELLOY®およびHAYNES® 合金のホームページ

発電

combustion part (j)

ヘインズ・インターナショナルは、多くの発電技術を有効に利用することができる合金を製造しています。 当社のHAYNES® 耐熱合金製品は、酸化、硫化、浸炭に耐えられるように設計されており、さまざまな厳しい環境に対応できます。

最大の発電用途として重点を置いているのは産業用ガスタービンです。 HAYNES® 合金は高温強度、耐酸化性、成形性、溶接性に優れているため、バーナやインジェクタ、燃焼ライナ、尾筒、および排気部品などに使用されています。 これらの特性は、先進超々臨界蒸気発電、超臨界CO2発電、スターリングエンジン、集中型太陽光発電(CSP)プラント、燃料電池、およびその他のユニークな発電方式において、これらの合金を魅力的なものにします。

Siemens turbine engine (J)

産業用ガスタービン

世界中の数千にものぼる産業用ガスタービンにおいて、HAYNES® およびHASTELLOY® 合金は、世界経済を動かし続けるのに必要な電力、交通および流体/ガスの輸送を提供するために、静かに、そして信頼性のある働きをしています。 数百メガワットの電力を供給する大型の重構造ガスタービンからパイプラインの圧縮機用機械駆動式ガスタービン、熱および電力を供給する再生式マイクロタービンまで、ガスタービンの燃焼システムは数千時間の間、高温において形状を制御するのに必要な高強度の材料を必要とします。 HAYNES® 合金は、他のほとんどの材料ができないような方法で、そのニーズを満たします。 これらの合金の大部分は非常に良好な延性を有しているため、多くの複雑な加工が行われてきました。 詳細については、ここをクリックしてください。


高温部のリング、シールおよびシュラウド
HASTELLOY® X, HAYNES® 230®, 263, 282®, 214®, 242®, 625およびHR-120® 合金 

power generation turbine (j)

燃焼器
HASTELLOY® X, HAYNES® 230®, 282®, 263, 617, 188 および 75 合金

排気部
HASTELLOY® X, HAYNES® 625 および HR-120® 合金

先進超々臨界(A-USC) 蒸気発電

地球上のほぼすべての大陸で、石炭火力発電の効率を大幅に向上させてエミッションを削減する方法を見つけるために、A-USCプログラムが開始されました。 すべてのプログラムは、これらの目標を達成するために温度と圧力を高めようとしています。 米国では、OEM、国立研究所、および他の産業団体のコンソーシアムが、高温ニッケル合金が必要とされる1400°F(760°C)および36.2 MPa(5250 psi)の条件を検討しています。 これらのプログラムに対して、HAYNES® 282®合金は、入手可能な最高のクリープ強度を有する加工可能な材料の1つとして検討されています。

超臨界 CO2 (SCO2)発電

超臨界CO2発電は、A-USC蒸気発電と同様に、より高い出力密度と、エミッションを低減しながら効率を大幅に向上させる方法を提供します。1292°F(700°C)での運転に対して、HAYNES® 282®合金は、入手可能な最高のクリープ強度を有する加工可能な材料の1つとして魅力的です。

集光型太陽熱発電 (CSP)

集光型太陽熱発電のような再生可能エネルギー発電は、正味のエミッションがゼロで稼働し、溶融塩を介した熱エネルギー貯蔵によって日没後も長時間運転することができます。しかしながら、高い温度および熱サイクルは、高温のレシーバーに固有の課題を与えます。230®合金のようなHAYNES®合金は、管状製品の目標寿命を満たすのに必要な優れたクリープ強度と耐酸化性/耐食性を提供します。

当社の発電用合金:

HAYNES® 25 alloy
HAYNES® 25 合金は、1800°F (980°C)までの優れた強度、良好な耐酸化性、ならびに比較的良好な耐摩耗性および耐かじり性を提供します。ガスタービン部品に使用されます。

HAYNES® 75 alloy
HAYNES® 75 合金は、低応力のガスタービン部品や工業用途に使用される基本的な耐熱合金です。

HAYNES® 188 alloy
HAYNES® 188 合金は、コバルト - ニッケル - クロム - タングステン合金で、2000°F (1095°C)までの優れた高温強度とより優れた耐酸化性、ならびに熱安定を提供します。この合金は、過酷な軍用および民間航空機用ガスタービンエンジンの燃焼器、尾筒、ならびにアフターバーナー構成部品に広く使用されます。 

HAYNES® 214® alloy
HAYNES® 214® 合金は、従来の成形と接合を可能にすると同時に、鍛錬材料に最適な高温耐酸化性を提供するように設計されたニッケル - クロム - アルミニウム - 鉄合金です。 この合金は2360°F(1260°C)までの優れた耐酸化性を有しており、ハニカムシール、燃焼器のスプラッシュプレートおよびその他の静的酸化制限部品などの過酷で特殊なガスタービン構成部品に使用されます。

HAYNES® 230® alloy
HAYNES® 230® 合金は、高温強度、長時間暴露のための2100°F(1149°C)までの耐酸化性、優れた長期熱安定性、および主要な耐熱合金と同様の加工性、の最適な組み合わせを提供するニッケル - クロム - タングステン - モリブデン合金です。この合金は、燃焼筒、尾筒、フレームホルダー、熱電対シース、およびその他の重要なガスタービン構成部品に使用されます。

HAYNES® 242® alloy
HAYNES® 242®合金は、時効時に長距離秩序反応によって強度を引き出す時効硬化型のニッケル - モリブデン - クロム合金です。 この合金は、1300°F(705°C)までの優れた強度、低熱膨張特性、815°C(1500°F)までの良好な耐酸化性、優れた低サイクル疲労特性、非常に良好な熱安定性、および加工性を提供します。 この合金は、ガスタービンのシールリング、コンテインメント部材、および高強度の締め付け金具に使用されています。

HAYNES® 263 alloy
HAYNES® 263 合金は、1000〜1400°F(540〜760°C)の温度範囲で良好な強度を有し、優れた成形性および溶接性を備えた、ガンマプライム強化型の時効硬化合金です。

HAYNES® 282® alloy
HAYNES® 282® 合金は、高温構造用途、特に航空用および陸用ガスタービンエンジン用に開発された、新しい、鍛錬用のガンマプライム強化型超合金です。 この合金は、クリープ強度、熱安定性、溶接性、および加工性において、現在入手可能な市販の合金には見られないユニークな組み合わせを有しています。 この新しい合金は、1200〜1700°F(649〜927℃)の温度範囲で、Waspaloy合金を上回る、R-41合金に近い優れたクリープ強度を有しています。 この合金の特徴は、薄板加工、鍛造リングおよびケース、排気およびノズル構造、および他の高温ガス流路部品のような重要なガスタービン用途に適しています。

HAYNES® 617 alloy
HAYNES® 617合金は、ガスタービンの燃焼筒、ダクトおよび尾筒に広く使用されます。

HAYNES® HR-120® alloy
HAYNES® HR-120® 合金は、工業環境に対して良好な耐性を有する経済的な高強度合金です。330合金、800H合金および各種ステンレス鋼からのアップグレード用合金として、熱処理用治具および工業用加熱用途向けに設計されています。耐浸炭性および耐硫化性に優れています。

CPI img2

HASTELLOY® X alloy
HASTELLOY® X 合金は、航空宇宙用途で50年間近く使用されているニッケル - クロム - 鉄 - モリブデン合金です。 この合金は、高温強度、耐酸化性、および加工性のバランスが非常に良好です。 この合金は、尾筒、燃焼筒、スプレーバーおよびフレームホルダー、アフターバーナー、およびテールパイプなどの航空用および産業用ガスタービンエンジンの燃焼器および排気構成部品の加工に広く使用されています。

Top