HASTELLOY®およびHAYNES® 合金のホームページ

主な特徴

HAYNES® 244® 合金は、1400℉(760℃)以下の温度で低熱膨張を必要とする、先進ガスタービンエンジンの静止部品用に開発された新しい Ni - Mo - Cr - W 合金です。 HAYNES® 242® 合金に比べて使用温度が100〜200℉(55〜110℃)高くなるように改良されており、現在市販されている他の低熱膨張合金よりも高い最高使用温度を提供します。この合金は、Ni2(Cr, Mo, W)ドメインの形成により時効硬化が可能で、242® 合金の強化ドメインと構造的に類似しています。タングステンと慎重に合金化することにより、これらのドメインの熱安定性を増大させ、熱膨張係数を低下させました。耐酸化性や低サイクル疲労性能などの他の重要な特性は、242® 合金と同等かそれ以上です。

Print Page
Top