HASTELLOY®およびHAYNES® 合金のホームページ

主な特徴

MULTIMET® 合金(UNS R30155、W73155)は、1500℉(816℃)までの高応力と、2000℉(1093℃)までの中程度の応力を伴う用途にお薦めします。この合金には、優れた耐酸化性と良好な延性があり、容易に加工することができます。その高温特性は固有のものであり、時効硬化処理には依存しません。この合金の製造と使用は1940年代後半に遡ります。

この合金は、テールパイプやテールコーン、アフターバーナ部品、排気マニホールド、燃焼器、ター
ビンブレード、バケット(動翼)、およびノズル(静翼)などの多くの航空機用途に使用されています。また、優れた高温用ボルト材料であり、高温強度が重要な熱処理装置用途において経済的な構造
材料であることが証明されています。

MULTIMET® 合金は、酸化および還元の両方の条件下で、特定の媒体に対して優れた耐食性があ
ります。MULTIMET®合金は、溶体化処理すると、硝酸に対してステンレス鋼とほぼ同等の耐性が
あります。弱塩酸溶液に対しては、ステンレス鋼よりも優れた耐性を有しています。この合金は、室
温で全ての硫酸濃度に耐えます。

MULTIMET® 合金は、従来の方法で機械加工、鍛造、冷間成形することができます。この合金は、
様々なアーク溶接および抵抗溶接によって溶接することができます。

MULTIMET® 合金は、薄板(シート)、帯板、厚板(プレート)、ワイヤ、被覆アーク溶接棒、ビレット、砂型およびインベストメント鋳物として入手できます。 また、化学組成が保証された再溶解材の形
態でも入手できます。

MULTIMET® 合金のほとんどの鍛造品は、最適な特性を保証するために溶体化処理して出荷さ れます。薄板は、断面の厚さに応じた時間 2150℉(1177℃)で保持し、続いて、急速空冷または水冷して溶体化処理されます。棒材および厚板(1/4インチ以上)は、通常、2150℉(1177℃)での加温と水冷により溶体化処理されます。

MULTIMET® 合金は、耐酸化性が並であること、溶接中に熱影響部に割れが発生する傾向があること、および機械特性が比較的広いバンド幅で散らばることに悩まされていました。これらの懸念事項に対処し、改良するために HAYNES® 556® 合金が開発されました。

Print Page
Top