HASTELLOY®およびHAYNES® 合金のホームページ

主な特徴

真空溶解されたニッケル基のHAYNES® R-41(UNS N07041)合金は、1200〜1800℉(649〜982℃)の範囲で 並外れた高い強度を有しています。 この合金は析出硬化型で、様々な溶体化処理や時効熱処理により 強度が発現します。 この合金は、その高い強度と良好な耐酸化性のために、現在のガスタービンエンジ ンのアフターバーナ部品およびノズルの隔壁に使用されています。 アニールされた状態では、この合金 には延性があり、18-8ステンレス鋼および他のニッケル基合金と本質的に同じ成形特性を有しています。 しかしながら、この合金はより強く、成形に対してより大きな抵抗があります。この合金は、ドロップハン マー、拡径マンドレルおよび引張成形機で問題なく成形されてきました。R-41合金は、282® 合金の優れ た加工性のため、多くの用途でHAYNES® 282®合金に置き換えられています。

機械的特性は、溶体化熱処理と時効処理の様々な組合せを選択することによって調整すること ができます。一般に、溶体化熱処理温度が高いほど室温延性がより良好になり、成形性が改善 されます。ストレスーラプチャー強度も、また、このタイプの処理によって改善されます。溶体化熱 処理温度が低いほど、約1700℉(927℃)以下の温度でより高い引張強度が得られます。溶体化 熱処理温度の影響は、引張およびストレスーラプチャーデータに見ることができます。

Print Page
Top