HASTELLOY®およびHAYNES® 合金のホームページ

主な特徴

1650℉ (899℃)以下の温度での良好な高温強度、優れた延性、および優れた溶接性

HAYNES® 263 合金 (UNS N07263)は、時効硬化型のニッケル - コバルト - クロム - モリブデン合金で、アニールされた状態で良好な時効硬化強度特性と優れた加工特性を併せ持つように特別に設計されています。HAYNES® 263 合金は、優れた中間温度での引張延性を示し、通常、ガンマプライム強化型合金に一般的なひずみ時効割れの問題がありません。高温での強度􄛿􄚸HAYNES® 282® 合金、Waspaloy 合金、あるいは R-41 合金ほど高くはありません。しかしながら、Waspaloy 合金および R-41 合金よりもずっと容易に成形あるいは溶接することができます。􃻌HAYNES® 282® 合金は、HAYNES® 263 合金よりも優れた引張り、クリープ破断、および低サイクル疲労強度を示し、Waspaloy および R-41 合金よりも著しく高い加工性を有するため、多くの用途で HAYNES® 263 合金の替わりに使用されています。

HAYNES® 263 合金は通常、1650℉ (899℃)程度までの用途に使用されます。その耐酸化性は、他のガンマプライム強化型超合金と同等です。

用途

HAYNES® 263 合金は、航空用タービンエンジンおよび産業用タービンエンジン双方の用途において、様々な加工部品用途に適した特性を兼ね備えています。これらの用途には、比較的低温の燃焼器、トランジションライナ、および幾つかのリング状部品などがあります。

Print Page
Top